FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バスターのGWD4投について

5年後
2018年ドラフト1位根尾が打率.330 25本塁打で1年間3番ショートで全試合出場
4番高橋周平が遂に竜の未来を担い3割30本塁打100打点全て上回り
伊藤君が大島をベンチに追いやり打率3割40盗塁GG賞
ビシエドがまだまだ健在長打力も衰えを見せず30本塁打

投手では
小笠原、柳、笠原、藤島が4人とも二けた勝利をマーク
もちろん規定投球回数も満たす
中継ぎ以降では
鈴木博が40セーブをマークする不動の守護神になり
佐藤、三ツ間、福で勝ちパターンも盤石

そしてリーグ優勝!!!!

とか夢みたいなことねぇかな
現実は藤井が5年後にも今の藤井の役割で残ってそう()
と茶番書いてみました


2018年9月16日の193大須DMCSで優勝しました
優勝に至っては4月以来
非常に長かったです
5月からは予選すら全然上がれず絶賛スランプ中が長く苦しかった
5月、8月に至っては8すら0回

ブログもずっと更新していませんでしたので(負けまくりで書くこと壊滅)
軽い記事でも

今回優勝したデッキは赤青t白バスターなので
バスターの記事を書きたいのは山々なのですが
残念ながら構築は9割テンプレ、プレイも実は調整あまりしておらず大したのが全く欠けません

なのでテンプレと若干違うGWD4投の理由などを書いてみました

まず理由をざっと書くと
・ドローの試行回数の増加+除去
・バルチュリスとの相性の良さ
・ワルスラ要らないと思ったからそこの枠
・さりげないワンパン

・ドローの試行回数の増加+除去
について

バスターで走りたいのが大半、最悪はバルチュリスの0マナSAで追撃しに行くために手札は必然的に必要と判断
それ以上にヤッタレマン、ポクちんちん、並べるデッキのクリーチャー全部ウザいので2体は除去したい
除去とドロー両方でき相手の遅延に繋ぎつつ自分の勝ちに行くチャンスを作りにいきやすくなるから

・バルチュリスとの相性の良さ
SAでありGWDのドローで運よくバルチュリスかバスター引ければそのターン勝ちに行ける
しかもバルチュリス出る前にメタカードを除去できる
非常に素晴らしい

・ワルスラ要らない
ワルスラ自体が先手3ターン目にしか強いとは感じませんでした
それ以外は場を干渉せず下手に手札を2枚も上げてるカードにしか見えませんでした
ならその1枚場を干渉できるGWDでいいでしょって思いました

・さりげないワンパン
これ以外に重要です
アパッチが4入れれるわけじゃないので
盾5枚から勝ちに行くのは困難です
なのでGWDによる強制ワンパンで相手の盾4枚
場を干渉した上なので問題ありません

5枚と4枚では雲泥の差
ワンパン→チュリスチェンジバスター+バルチュリス宣言
あくまで理想だがバスターから出すもの無くてもOKであるし
場に2コス手札にSAとバスターがあればバスター+バスターで出すクリーチャーでジャスキル

これができるだけでも充分


バスター無しで勝った試合はGWDバルチュリスで勝ちを取れたといってもいい

以上久々の更新でした
次はいつになるのやら
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

darkblue

Author:darkblue

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。