僕のDM HISTORY ~社会人編~

今回は社会人編

割と最近の話
3 社会人編

予想以上の時間の無さと糞上司と糞みたいな連中に絶望から始まった
大学生時代の真逆の世界と言っても過言ではない
最初に行ったのは良い点を探したことであった

ついでに僕が住む場所も名古屋から大垣という田舎に飛ばされ名古屋の環境の素晴らしさを痛感
あの頃メチャメチャ恵まれてたんだなと感じた

そしてその年からファンデッキを触ることは1度もなく今現在まで至る

学生のみんなに言いたいのは「今のうちに遊んどけ、学生生活楽しめよ」
と心から叫んだ

目標はCSベスト4
ついでに公式戦もベスト4
学生時代に果たせなかった目標をここまで引きずったのであった

社畜生活の中DMも両立
当たり前だが大学生時代のようにほぼ毎日3時間DMしてるはずはない
(って言っても大学生時代自体毎日DM3時間やるって目標なんてなく無意識にやってたらそうなっちゃってた)

”時間を大事にする”という事を今まで以上に意識した
金使ってでも時間を買えと自分に言い書かせた
そこからカードの値段何てほとんど見ない、ストレージのノーマルコーナーは社会人になってから1度も触れていない

使うデッキも多くて3つ
使えないと思ったら見切るという考えでCSで通じるデッキを3つは握っておこうと思った

その考えに切り替え仕事とDMの両立へ

そして社会人最初のCSへ

当たり障りのない結果で予選落ちを繰り返す
あと1勝で勝てない日々か続いた
チーム戦では個人5-0予選落ちでチームもあと1勝で予選抜けれる成績で予選落ちをした
社会人の夏を終えるまで入賞どころか予選抜けることもできなかった

新たな目標ができた
人脈を広げる

チーム戦も勝ちたい
選択肢の広さは大事だと感じた
特に遠征のチーム戦の際は愛知県だけじゃ足りないと思った
愛知県でも組みたい人が他の人に取られたら間違いなく自分はチームすら組むことができないと思った

しかし気づいたらチーム戦で個人負けチーム勝ちが無かった
それが1年2か月くらいまで続いた

10月(多分)
何故か知らないがヨウノと白雪アユムで富山CSチーム戦に出ることになった
当時はヨウノと白雪アユムが知り合いなのかもよくわからなかった
富山までのアユムカーでの移動はdarkblueの愚痴でほとんど潰れた
それだけ会社の愚痴を吐けていなかったことがよくわかる

そして富山CSへ
僕が3面ヘルボロフで行こうと提案してほぼ同じ構築で挑む

チームは2-1
勝てば予選通過の試合へ

情けないことに僕は負けた
ヨウノは勝っていた
あの頃俺は
「自分で提案して自分が勝てなかったから予選落ちか
相方が云々かんぬん言ってる癖に自分が大事な試合落としてるじゃん情けない」
と思った矢先だ

アユムが最終戦に勝ってくれた
そうその瞬間1年2か月ぶりの僕の個人負けチーム勝ちが付いたのだ

そしてかなり運よくオポでイメンチャレンジが不戦勝になり初めてのCSプロモだ
(個人成績2-3でベスト8なのだが)

ちなみにその日のCSはベスト8、僕は個人負けた(非常に情けない)
この日のチーム戦は今現在でもはっきり思い出に残っているし
彼らは今でもチーム戦で一緒に組んでいる
どれだけ誰かが悲惨な成績を残しても続いている
それだけあの個人負けチーム勝ちが思い出に残っているのだろう
あれからこの3人でのベス8以上は無いのでいつかは優勝したいものだ


これも運命の悪戯か個人成績2-3でベスト8の
次のCSで僕は初めてベスト8の壁を越えた
準優勝だ
あの頃は決勝で負けて悔しかったが4年以上の目標がついに果たせた喜びの方が大きかった

そして新たな目標ができた
CS優勝

DM初めて8年目くらいで胸を張ってその目標を持つ事ができた


そして優勝ができなかったものも
・2連続ベスト8
・アカレコCS予選通過
・イメンプロモ5枚

時間が無いものも大学生時代から確かな成長を感じた

あーだこーだ言いながら吸い込む期に突入するのであった

夏DMチームというものを知る
気づいたらDMチームが流行る

何か面白そうだな

地元かどっか無いかな?

無いな

作るか
って何日か悩みDMチームを作ることにした
そう今存在しているBlue meteorだ!!!!

チームの話まで入れると気持ち悪いくらい長くなるので省略



チーム戦自分でメンバー集めて夢みたいなチーム組みたいな
せっかく人脈も広げれたのでいろんな人と組みたいと思いダメ元でdottoさんを呼んでみた
断られると思ったがOKしてくれた
そして夢現もOKしてくれた

おやつ関西でdottoさんと夢現さんとの夢みたいなチームを実現
そのチームで3位に入賞
来年もこのチームで出ようと終わった直後から決めていた



ここまで2連続吸い込むで調子いいと思った矢先悲劇が起きた

アユムとヨウノとチーム戦に出る
何と僕は個人0-7という一生語り継がれる大戦犯をした
もう真っ青になった
彼らは僕に文句一つも言わずに許してくれた
いい意味でも悪い意味でもチームが彼らでよかったと心から思った

今思えばこの0-7があるから今の自分があるんだなってくらい
自分の新たな考えが増えた
勝てん日は勝てないからそういう日だと割り切ろうって考えができた
それをきっかけに確率の低い負け筋を引いても自分の考えがブレることが無くなった
今まで自分が一番下手だったのは割り切り方(これを気づいたのはもう少し後くらいだけど)
これを改善できた
それができたから更に自分の飛躍につながった

繋がったのはこの半年後くらいであるが


偉そうなこと言ったがこの後も2か月はベスト8すら取れなかった
何よりも自分が信用できるデッキが1つもなかった

何となくデアリバスター好きだからデアリバスターを突き詰めていった
デアリバスターが勝てないと言われてそうなデッキの攻略手段を探した
落城以外全部近く見つかった

一言で言うと勝てるって思った

そしてここからデアリバスターが殿堂で弱体化するまでデアリバスター1本で月1でベスト8以上になったのだ

そして年は変わり1月へ
ここからは今年の話
年とベスト8の数が重なり
気づけば僕の戦績は
優勝0回 準優勝1回 3位2回 ベスト8が10回
オレはベスト8の数で生きてるわけじゃねぇ

目標
「月1回以上ベスト8」
6か月も続けば1回くらい優勝できるやろという軽い考え


僕は思いもしない事態に直面する
1月
藤枝CC
アユムと48枚同じ構築で挑む
僕は予選5-0スタートでかなりいい流れ
最後負けるも予選抜けれたからOK
同じ構築で挑んだアユムも予選通過二人ともベスト8

そしてこの日の僕は神に愛されているのか勝てないデッキが次々と敗れていって有利な対面ばかり僕の元へ現れる

そして





優勝した

会場で叫んだ
それだけ嬉しかった
初めてCSに出てから約6年での初優勝
しかも当時DMチームで練っていたBMバスターでの優勝これほどうれしいことは無い
優勝するまでにベスト8が10回だぞ


実は僕はダメ元でレジェンドCSに登録していたが案の定キャンセル待ちであった

しかし当日の朝に僕が参加者のリストに入った
というわけでレジェンドCSに参戦
その時はストレージもらえて満足していた

その日も神様に愛されていたのか予選5-0で予選抜けベスト8確定
自分でもビックリだ
キャンセル待ちからのベスト8何てレアだろう
そして僕の代名詞ベスト8で散る

狙ってやってるわけはない
それでも自分がこのステージでここまで進めただけでも充分だ
いい経験になった
来年も出たい

ここから目標通り月1以上のベスト8以上を達成し続け6月へ

まさかこの日僕の人生を急激に変わる日が訪れる何て思ってもいなかった

第1回超ガチCSだ
青黒ハンデスで挑んだ
理由は雑に言うと自信があったからだ
1回戦負ける
気が沈む
まぁ最悪勝ち越せばポイントはあるからいいか
くらいの考えで行った
2回戦 バスター 勝ち
3回戦 ジョーカーズ
来るなニヤリー
来なかった 勝ち
4回戦 猿ループ 勝ち
5回戦 ネクスト
ついにここまでか
流石にしゃーないか
と思ったら何故か勝った

そして勝てば予選通過
ここまできたらやるしかねぇ
6回戦同系
自信はかなりある
だがしかし自分のヴォルグは気持ちいいくらい不発
逆に相手のヴォルグはかなり山を奪う
打点はある
相手の山は厚い
オレの山は薄い
やるしかねぇジャスキル5点
通って勝ち予選通過

正直この段階で満足してた

そして本戦
モルネクに当たらないことに人生を賭ける気持ちで本戦に挑んだ
しかし悪夢は訪れる
1回戦の相手はくれまる(モルトNEXT)であった

オレの運もここまでか流石に予選ができすぎたもんな
と悟る

しかしこの日の僕の運はまだまだ神ってた
くれまるが事故をして僕はカマス+ジャスキル打点の生成に成功
人生を賭けるWブレイクが通り、デッゾ3点カマスで勝ち

そしてそのあとの試合は僕のために用意されたサクセスストーリーのような展開であった

2回戦 同系
3tブレタも決まりヴォルグで8枚山を奪いここから主導権を1度も譲らずに勝ち

準々決勝 シータバスター 勝ち

準決勝 落城
ランハンがピーハンだった
勝ち

そして決勝 シータバスター

ここだけマッチ戦
2連続でカマスとブレタが初手にある

この日の僕は神掛かってたとしか言いようがないこの日を象徴する手札だった
そして優勝
DMPランキングのポイントが4000ptも入った
当時全国3位 愛知県1位に躍り出た

かなりいい夢を見させてくれた
それ以外の言葉が出てこなかった
この日の出来事は一生忘れないだろう

大学生時代のvault1位も
今の愛知県1位も
青黒ハンデスが掴んでくれた
HNはdarkblue
運命感じるね
一生頭が上がらないよ


そこから僕は本当に僕なのかというくらいの出来事が起きた

超ガチCS優勝→ホビステCS準優勝→193CSベスト8
3連続でベスト8越え
これだけでも自分にとっては奇跡に等しいがこれで終わらなかった


おやつ関西
昨年と同じメンバー
そう今年もdottoさん夢現さんとのチームで参戦

予選4-0スタートで予選通過
最終戦負けるも
クジでdottoさんがシードを引きベス8スタートで

準々決勝僕は負けるdottoさん夢現さんは勝った
ちなみにこれは2年連続で起きた出来事だ
非常に恥ずかしい

そして去年敗れたのはここだ
準決勝
ここで勝たなければ
逆に言えばここで勝てばいいのだ

去年俺とは違う
オレは勝った

そして決勝へ
相手はクローシスバスター、モルネク2人
こちらはロージアダンテ、青黒ハンデス2人

何と運が悪かったのか
ロージアダンテ対クローシスバスター
青黒ハンデス対モルネク
青黒ハンデス対モルネク

非常にきつかった
心の中ではお願いdottoさんだった


だがしかし奇跡が起きた
相手の盾は3枚
僕の場はオニカマス1体
ターンが帰ってきたら5マナはあるハンドにはリバイヴデッゾはある
心から叫んだ
頼むからターン返って来てくれ


ターンが帰ってきた
僕はリバイヴデッゾで全てを賭けた
カマスのダイレクトが通り勝ち

そして夢現も勝利した
その瞬間おやつ関西の優勝が決まった

このメンバーを2年連続で実現して何だかんだでチーム貢献できた
何よりも優勝できた
かけがえのない思い出が1つ増えた
来年も組みたいとその瞬間も思った

そしておやつFINALの権利も獲得


そして次のWINNERSCSも優勝した
CS2連続で優勝だ自分でも自分じゃない感覚だ
今年が始まった段階では
優勝0回 準優勝1回 3位1回 ベスト8が10回の自分を思い出すと本当に信じられない
今の目標は今編で書きます

そしてあれから優勝はなく今に至る

~今編に続く~
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

darkblue

Author:darkblue
社会人になりました。現在は大垣に住んでいます
リンクはコメントで伝えてくれれば基本OKです。

DMと日常のグダグダ生活とその他をメインに書いてます

目標はCS優勝


あとはくだらない事中心です。

戦績
・PM 中部ベスト64
・V1 中部ベスト16
・G1 中部Dブロックベスト16
・金沢CS サブイベントベスト8
・尾張CS ベスト8
・東海CS ベスト16(午後の部)
・静岡CS ベスト32
・静岡CS サブトナメ準優勝
・第2回中部CS ベスト8
・第4回浜松CS ベスト16
・おやつCS2014 winterベスト8
・第3回静岡CS チーム戦ベスト16
・おやつCS2015 winter3人チームベスト8
・第3回平城CS サブトーナメント4位
・富山CS チームベスト8
・第3回ADTCS 準優勝
・vaultの大会優勝6回
・vaultの大会準優勝2回
・DR最高連覇数 4

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR