スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

丘の上 息を切らし 町を見下ろした

今回はリバイヴホールについて書くよ。

どうでもいい話に聞こえるって返答は無しで。
リバイヴホール

効果
墓地のクリーチャーを1枚手札に加える&超次元ゾーンから好きな数のサイキッククリーチャーを合計5コスト以下になるように選び場に出すorコスト7以下の闇のサイキッククリーチャーを1体超次元ゾーンからバトルソーンに出す。

ここから言える事。

まずハンドキープそして場にクリーチャーが残ります。
しかし墓地にクリーチャーが無ければこのカードでアドはとれません。

しかしそのネックなところが今は特攻人形ジェニーやコアクマンで簡単に墓地肥しをすることにより消すことができます。

そしてキルキルorアンタアンタで場を展開してハンドキープできたり、ランブルでフィニッシャーの準備をしたりガンヴィートで除去、唯我独尊の3枚やヴォルグ、シュバルと強力なカードの選択肢の広さを誇ります。


正直使い勝手の良さからして前回の制限改訂で殿堂入りすると確信してました。

過去にドラヴィタホール4積みを思い出すくらいでした。

確かにドラヴィタほど使い勝手はありません。

しかし

ドラヴィタでの主な回収カード

ハンデス(ゴーストタッチ、マインドリセット、アンラッキーダーツ)

ドロソ(エナジーライト、シークレットクロックタワー、コアクアンのおつかい)

除去(ザストロングスパイラル、スパイラルゲート、魂と記憶の盾)

母なる系

とアドをとるカードを回収できるうえ母なる系はで回収と制限妥当ですね。

リバイヴでの主な回収カード

ハンデス(特攻人形ジェニー、パクリオ、解体人形ジェニー)

ドロソ(セブコアクマン)

除去(アクアサーファー、ミスターアクア)

とハンデス、ドロソ、除去と充分に役者はそろっています、その上ハヤブサマルやファルピエロとシナジーするカードだっていっぱいあります。


確かにドラヴィタ4に比べれば回収面では劣ってる点もあります、しかし出てくるサイキッククリーチャーを考えてみるとドラヴィタより幅広く強力だと思います。

むしろ逆にドラヴィタより回収面が優れてたらもうゲーム性どうなるの?ってくらいです。

白の7コストと言えばチャクラ、ドラヴィタ、不滅、パンツァーと使用率が低いカードばかりです。

しかし黒はガンヴィ、ヴォルグの使用率トップクラスに勝利シリーズまで加わるという布陣です。

前の環境ならランブルも出せます、ラストストームにつなぐ張本人ともいえると言えます。

昨日大会でドロマー使ってましたが自分で使っててもヤバいと思いました。

エクスやNほどじゃないですけど、自分で使っててヤバいと思いました。

使っててこれがハンデス系を支えてると言っても過言ではないなと思いました。

以上です。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

darkblue

Author:darkblue

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。